1日26時間

懐古厨寄りのアラサーが睡眠時間を削ったゲームの記録。当然のようにネタバレしています

ドラゴンエイジ:オリジンズ(5)イシャルの塔まで

脱走兵を巡り巡った鍵(婉曲表現)をもらったはいいけど、静者さんに止められて宝箱を開けられそうにない。
一旦諦めてアリスターダンカンのところに行ったら、ダークスポーンの血と遺跡にある昔の巻物を取って来いとのこと。

ウォーデンの遺跡で巻物を探していたらモリガンに会う。ハンサムって言われた〜そうだろうそうだろう。笑
モリガンの母フレメスから巻物をもらう。奪ったんじゃなくて、回収して保管しておいてくれたらしい。
意外といい人。
ところでフレメスってコーデックスに出てきた旦那さん殺した人??

グレイ・ウォーデンの儀式。
あの血何に使うんだと思ってたら飲むのかよー!人間とか動物の血でもやだよ!
ダベス死んでしもうたがな…そうだよなマバリ犬も病気になってたもんな…
そしてジョリーは儀式を拒否してダンカンさんに殺される。
ダンカンさんちょっと酷くない?
何も殺さなくてもいいじゃんか。。
さすがに「ダークスポーンの血を飲む」ってことは伏せておくにせよ、せめて「試験は運が悪ければ死ぬけどその覚悟がある奴は来い!」くらい教えといてもいいと思うんだけど…
確かにダベスの言う通り、ブライトを止められなければ世界は滅びて嫁さんと子供を守れないってのはそうなんだけどさ、もしかしたら他の誰かが世界を救ってくれるかもって思いながら一般人として嫁さんと子供と一緒にいるって選択肢があってもいいと思うんだよね…たとえ腰抜けって言われてもさ(って思ってたら、後でフレメスに見事に「こんなこと考えるなよ」って言われてちょっと笑った)
「世界中であなた1人にしかできない」って言われたならともかく、グレイ・ウォーデンは他にもいるんだもん。
「徴兵はしない」とか言いつつ、エイデン君やダベスみたいに後がない人たちを連れてきて儀式受けさせるって、結構やってることえぐいよなダンカンさん。
…と言うか今思ったんだけど、どうせ殺しちゃうなら羽交い締めにでもして無理矢理飲ませたら良かったんじゃないの?
ジョリーさんは儀式が嫌なだけみたいだったし、無理矢理でも儀式さえ乗り越えられたら戦ってくれそうだけど…
ダークスポーンと戦って死ぬならともかく、こんな運任せの(正確には運じゃないんだろうけど)儀式で死ぬのは嫌だよなあ。
しかしああなると順番的にエイデン君は拒否れなかったよね。笑
儀式後、アリスターが「犠牲になった仲間のことを忘れないために残ったダークスポーンの血をペンダントに入れておけ」と言っていてちょっとしんみりした。
俺2人の分まで頑張るよ。。

さて、無事(ではなかったけど)儀式も終わり、イシャルの塔に信号灯を点けに行こうとしたら塔がダークスポーンに占領されていた。
偶然会ったサークルのおじさん魔道士が仲間に。
なにこれ魔法かっこいい…!!
でも途中見つけたバリスタで遊んでたら倒してしまった。ゴメン。

最上階に着いて火を点けたら奇襲をかけるはずだったロゲインが退却!
ダンカンさんとケイラン王があっさり死んでしまった。
ケイラン、悪い人ではなかったからちょっと可哀想だなぁ。
まあ「愚かで勤勉なタイプ」なことは否定できないけどね。。こういう人が王様になると確かに厄介なんだろうなあ、と言うか、ロゲインが裏切らなくてもそのうちどこかで早死にしそうな気はする。
でもロゲインも友達の息子を見殺しにしちゃうかぁ…

☆いろいろ見てたら手に入れた情報メモ
・バックパックはオスタガーの2つだけで良い(DLCの倉庫があるので)
アリスターに骨をやると喜ぶ