1日26時間

懐古厨寄りのアラサーが睡眠時間を削ったゲームの記録。当然のようにネタバレしています

ドラゴンエイジ2(2)ロザリング郊外〜カークウォール到着まで

グラビティデイズがフリープレイ来てるけど、あれすごい酔いそうでなあ…笑
アクション要素皆無のドラゴンエイジですら終盤まで慣れなかったからな…

さてホーク一家はロザリングを脱出。
カーヴァーってなんかどっかで見たことある顔しとる…
しばらく進むとダークスポーンと戦っているウェズリー&アヴェリン夫妻に出会う。
負傷した夫にトドメを刺そうとするダークスポーンに馬乗りになって文字通りボッコボコにし、カボチャ切るみたいに首ぶった斬る嫁…女子力(物理)高すぎてさすがのホーク兄さんもちょっと引いちゃうよ。笑
でも姐さんはテンション上がってそう。
「助けてもらったけど背教者だし捕まえなきゃ…でも助けてもらったし…(・ω・`)」みたくウェズリーが迷ってるとこにアヴェリンが「主もお許しくださるわ」と助け船を出してて、なんて女子力(本来の意味)高い奥さん!

夫妻と協力しつつ更に進むと、いきなりオーガがやってきて、弟(姐さんパートは妹)があっさりダークスポーンに殺されてしまう。
悲嘆にくれる母を慰めようとすると「黙りなさい!お前のせいよ!どうしてカーヴァー(ベサニー)を止めてくれなかったの!?」
この台詞にちょっとイラッときたプレイヤーは私だけではあるまい…敢えて誰かのせいだって言うなら、むしろ助けようとした相手であるあんたのせいじゃね!?
なんつーか、このお母さん妙にリアルだよなー。
フィクションにおける両親キャラって、パパスみたいなぐう聖かダリオ・ブランドーみたいなぐう畜かに二極化されがちじゃない?
でもこのお母さん、子供を愛してはいるみたいだしクズ親ってほどじゃないんだけど、決していい親でもなさそうだよね。
今のところこのお母さん毒親一歩手前の人なんだけど、これから印象変わるのかしら。
リアルなのはこっちかもしれないが、私はやっぱりエレノアさん(オリジンズ人間貴族のお母さん)みたいな強い(戦力的な意味でなくても)母親の方が好きだな〜。

オーガをやっつけたはいいけどダークスポーンわらわらでピンチになった所をフレメスに助けてもらう。
フレメスが言う別名「口うるさいババア」ってのはモリガン評だろうな(笑)
しかしこのフレメス、なんでこんな派手なBBAになってるの!?笑
無駄にスタイルがいいからモリガン乗っ取っちゃったのかと思ったよ。
ウォーデン2人+モリガン送り出した後にわざわざ派手衣装に着替えてやって来たんだと思うとちょっと笑える。
まあ確かにこの場面でオリジンズ版の普通の婆さんフレメス出てきても、絵的にパッとしないけどさ。

ウェズリーの顔色が悪いと思ったらダークスポーンの穢れにやられていたらしい。
あーあれか、アウェイクニングでよく見たやつだな。フレメス曰く治療法はグレイ・ウォーデンになることだけらしいが、当然この場にはいない…

ウェズリーの介錯を誰がするか、選択肢。
◆ギャレット→私がやろう
「すまない…だが誰かがやらなくては」
ムービーの後敵対度が上がっちゃった(・ω・`)
自分の旦那の介錯とか辛過ぎるだろうという兄さんなりの優しさだったんだけど、どうやら裏目に出てしまったようだ。
…「私を恨め!そして生きて復讐してみせろ!」みたいな感じでいいんですかね(何が?)

◆マリアン→アヴェリンに任せる
「あんたの夫だ、アヴェリン。私が決断することはできない」
これだと友好度が上がるみたい。
アヴェリンの価値観だと自分の夫だからこそ自分で…という感じなのだろうか。
ただこの後フレメスがそれっぽい台詞言うんだが、ここでアップになるのは主人公の方が合っているような気はした(この選択肢ではアヴェリンになる)

ヴァリックカサンドラの会話を挟み(この演出結構好き)船に乗ってカークウォールに到着。
アヴェリンが処刑塔を見て「ウェズリーが見たら震え上がったでしょうね」って言ってたけど、彼はやはりヘタレだったのかな。笑
きっと腕っ節はアヴェリンの方が断然強かったんだろうけど、テンプラーとしてベサニーを捕らえよう(殺そう?)として迷うとことか、優しい所が好きだったんだろうな。

それにしてもアヴェリンいい体してるぜ。魔道士のベサニーや一般人の母親と体つきが全然違う。
「女の身で剣を取るなんて…あ、いやなんでもないです」って感じ。笑
特に胸筋のあたりがめっちゃ強そう…
あとあのアゴがレスリングとか重量上げとかああいう競技にすごくいそうな感じ。

貶す意図はないけどJRPGは「剣なんか持ったら腕折れそう」みたいな女戦士キャラ割といるもんなー笑
あ、テイルズオブデスティニーのマリーさんは割とアヴェリン寄りのがっしりした感じだった。
見た目と境遇も結構似てるような…