1日26時間

ゲームの感想を壁にでも話してるブログです

ドラゴンエイジ インクイジション(51)ここに眠れる深淵その3


フェイドに到着。


ロゲインとホークもよく分からんことになってる(喋ってるのはコール)





今回のメンバーはブラックウォール、ヴァリック、コール。
いつものメンバーからカサンドラ抜いてブラックウォール連れて来ただけなんだが、コールも連れて来て正解だったなぁ。
そのコールはここは自分の知っているフェイドと違うと怯えている。
関係ないけどコールの髪型ってずっと帽子かぶってるからこんな感じなのかな。
前髪らへんがニット帽かぶってた後っぽい(笑)
なにせ、ヴィヴィとコールは帽子あった方がいいなー。個別に帽子オンオフしたかった。

恒例のステータスアップinフェイド。

鏡バージョンもあったよ。

さてマップは…

酷いネタバレを見た。教皇いるのか。

驚き半減どころの話じゃないけど、そのまんま教皇でした。
話を要約するとイヴリンのヘイブン爆発時の記憶がないのもウォーデンが操られたのも「悪夢」の悪魔のせい、そいつやっつけたらフェイドから出られるよということらしい。

近くのモヤモヤに記憶が囚われているらしく、解放すると回想。


コリーフィウスがエルフの玉でなんか悪いことしてる。

そこへたまたまやって来たのがイヴリンだったのね。
教皇が隙を見てパーンしたのを


イヴリンが拾って、手の印になったわけね。

ただの偶然で、自分アンドラステの使徒でもなんでもないじゃん!と若干ショックを受けるイヴリン。


教皇は「間接的にはやっぱりメイカーが審問官を選んだんだよ」と言いたいのかな。

道中「悪夢」と自分は違うと主張するコール。

もちろん目的は全然違うけど、コールも手段としては人の恐怖や辛い記憶を奪うタイプの精霊だからね。

ヴァリックはやっぱり優しい。ここセラとかヴィヴィ連れてたらどうなるのかな。

コーデックスがいろいろ散らばってるんだが

コリーフィウスも昔は割合まともな人だったんだろうか。