1日26時間

ゲームの感想を壁にでも話してるブログです

ドラゴンクエスト11(9)ヒロインレースすごい

やっぱり私のドラクエ歴は伊達じゃなかったの巻。
時々見返して懐かしむための個人的な記録なので(笑)断片的過ぎるけど、一応ネタバレありです。


・めっちゃ孤独感に襲われながら最後の砦へ。
イシの村があったあたりだよね…なんか皮肉やなぁ。
・砦へ近付くと犬がこっち来いと言ってる…まさかルキじゃないよな?
・やっぱルキだ!!てことは…

エマーーーー!!!
生きとったんかーーーーー!!!!

よかった…嬉しい(´;ω;`)
今までのドラクエ歴(笑)からして少なくともエマは生きてるor生き返るよな…?って思いつつあんまり希望を持ち過ぎないようにwしてたが、やっぱ生きてたー!!
エマだけじゃなくお母さんたちも生きてたよ…!
どっかに逃げてても意識不明とか、記憶喪失とかも覚悟してたけど、元気でよかった。
グレイグがさすがに殺すまではせんでええやろって言ってくれて、みんなデルカダール城にいたらしい。
グレイグありがとうありがとう(´;ω;`)
イシ討伐にはホメロスしか行ってないと思ってたから、この線は想像してなかったわ。

・エマ、この数ヶ月でグレイグに心移りしてないか心配だったけどwそこはドラクエ、相変わらずイリヤ一筋。
と言うかむしろラブ度がアップしてない?
別れる前は「幼なじみ以上好きな人未満、小さい村だから身近な相手と結婚することになるだろうし、おそらくそれが彼なのは自分でも予想してるけど、さすがにみんな気が早いよー」みたいな感じだったと思うの。
でも再会後は完全に恋心って感じ。
イリヤの話ばかりしていたという話が聞けたり、本人も口滑らせて「さすが私のイリヤ」とか言っちゃうし!(ニヤニヤ)
離れて心細い間にイリヤのこと考えてたんだろうなぁ。逆ビアンカ現象と名付ける!笑
いや5の話になるけど主人公は奴隷生活の間、パパスのことは勿論ちょいちょいビアンカのことも考えてたと思うんだよ。
幸せだった幼少時代の象徴ぽくなってたと言うか。
旅暮らしの主人公にとっては、幼なじみカテゴリーにギリ入りそうな存在てビアンカだけだったろうし…
とにかくエマも平和だった村と仲良しの幼なじみのこと思い出して頑張ってたんじゃないかなと思うの。
その間に幼なじみ→心の支え→好きな人、にレベルアップしたんだろうなぁ〜と妄想。

・村のみんなデルカダールでは生きてたらしいけど、今回の崩壊でマノロのお父さんとか何人か知ってる人が死んでしまってて辛い。
でもグレイグが助けた女の子は生きてるっぽくて良かった!
川見てる子だよね?
・グレイグと一緒に城に行くことに。
早朝なのでみんな寝てる。
イリヤが寝てるエマの顔を見つめるのなんかイイ…エマが微笑んだような気がしたってのもイイ…
実は起きてて「行ってらっしゃい」が言えない代わりに本当に微笑んでたのでもいいし、イリヤが「エマなら笑って送り出してくれるだろう」と思ったからそう見えたのでも美味しいよね…

ここに来てヒロインレース再びトップに躍り出た感ありますね〜
まぁ私は最初から一貫してエマがトップですけど?
うちのイリヤは何かにつけてエマのこと思い出してましたけど?
しかし私は猛ダッシュでここまで来たからエマへの思い入れ失ってなかったけど、時間かけた人は「誰だっけ?」てなったりするのかな(笑)
でも主人公にとっては16年一緒に育ってきた子なんだよ…!大事に決まってらぁ!!

…てか今ふと思ったんだけど、今度こそ村のみんな死んだりしないよね?
王様はイリヤ達が城に行ってる間に村を守って死にそうな感じしてて、そのフラグに村のみんなが巻き込まれそうな気がして怖いんだけど。
さすがにエマはもう大丈夫かな…って思うけど、見送りに来たお母さんが特に危ない気が…